20181223

スーツマンのゴルフ競技挑戦: パッティング不調

パッティングでも、より体重移動の少ないスイングに少し変えようとしたのだが、インパクトの強さ調整が悪くなって、不調である。

パットの時にショットに近いストロークを意識していた。このストローク方法で最も良い点は、ヘッドの軌道が目標に対して真直ぐに近い動きをする事だと思う。特に短いパットはヘッドを直線的に動かせるので、精度が良い。一方長いパットで大きなテークバックで肩を回転させるとヘッドは完全に円軌道になりミートが非常に悪い(芯を外す)パットが多くなる。これは大きなミスになるので、身体の動きの小さいスイングに変えようとしている。

身体を動かさずに、左肩の付け根を円運動の中心とした振り子のような動きにして、テークバックの大きさが変わっても同じようなインパクトのしてミート率を下げないようにしようとするのである。

グリップの動きは、平行移動のイメージを持っていたが、円運動の動きを意識してグリップの動きは小さくするという意識をした。残念ながらこのイメージがおかしくなって、グリップを動かさずにインパクトでヘッドだけを動かすようになって、インパクトの強弱で距離を出すスイングになっていたらしい。

グリップもヘッドも振り子のように動いて、テックバックの大きさで距離を決めるストロークに戻すのである。

from スーツマンのゴルフ競技挑戦