20170611

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります: ◆重要◆アプローチが苦手/嫌いな方江


これは アプローチに限らず
パッティングやフルショットでも
全く違いがありません。

アプローチショット
 打つ距離に関係なく
 グリーンなり、何かの目標に対しアプローチする
 ショットで一番問題になるのは
 
その『距離』を打つ ことです。

目標としている距離を打つには
破壊力の元になる スピード
(と重さ) を調整するのですが
自分の打つ「ロフト」が決まっていないと
そのスピードの調整の意味はなくなります。
MVI_0670Trim(2)_Moment

打ってみないと どのロフトになるのか分からない状態では
打つ距離に対して、どのスピードで動作すれば良いかも
確定しませんので
同じ距離を打ち続ける目安が生まれてきません。

そして その ロフト というのは
インパクト時のヘッドの姿勢 と共に
どの経路、どの角度でヘッドが入射~上下
してきたか があります。
この要素は 半々の要素で
姿勢だけでも決まりませんし、入射角度だけでも決まりません。

そして ここも勘違いしている人が多いですが
その入射角度を司っているのは
クラブの長さ になるのですが、
そのクラブの長さ というのは 長さによる回転半径
クラブが概ね半径になるような円の大きさで決まるのではなく
『長さによる前傾姿勢によって決まる』のです。
MVI_0668Trim(2)(2)_Moment(4)MVI_0667Trim(2)Trim(2)_Moment









☞ 故にスイングの弧を体の回転で作らず
 手の振りで作ると 前傾姿勢は失うわ
 入ってくる軌道はまちまちになるわ
 クラブの振りによって姿勢は上を向くわ で
 同じ軌道、同じヘッド姿勢にならない…
 偶然以外で
 似た軌道、
 似た自分の姿勢、
 似たヘッド姿勢

 にならないのが アマチュアのショットや
 アプローチの問題/原因なのです!


✋これがアマチュアがアプローチを苦手とする主因です。

from ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります