20180611

スーツマンのゴルフ競技挑戦: 1回戦の総括1

過去、4回の出場で全て決勝に出て2勝2敗。今年のシニア1回戦は、前半から勝ホールを積み上げて、優位に立ち、余裕を持ってプレーを進めたが、過去の決勝で負けた相手が2名残っている。次からが厳しい勝負になる。

-△- -△- --△:39  --- -△

2 3 2  2 2 2  1 2 2 :18  1 2 2  1 2

勝分勝  勝分分 勝勝負:4UP  勝分分 分分:5&4

1番375Y追い風は、残りが130Y弱、240Y以上の距離が出ていて、9Iでピン横へ乗せた。2番378Yの向かい風は、残りが155Yでピン手前に乗せた。2番では昇りのスライスを1.3mショートして3パットしてしまった。グリーンの感触が掴めない内にパットミスした。来週は流れを作る上でも前半のパットミスは許されないので、朝の練習グリーンが重要になる。

そして3番398Y向かい風ではドライバーが右バンカーに落ちて駆け上がったラフ。残り190Yを5Wでグリーン左エッジに運んで、微妙なチッピングを1mに寄せてパーを取った。ここでは、ティーショットのミスをカバー出来た。流れを引き寄せるにはなかり有効である。

4番ロングは、90Yの3打目をAWフルショットで1.2mに付けた。練習での調整が上手く行ってウエッジでピンそばに寄せる事が出来た。相手がボギーなのでパーで問題ないのだが、バーディパットをきちんとカップの中に打つ事は重要。早くグリーンのタッチを掴むには、ラウンド前の練習であろう。

次の5番385Y追い風も先週と同じように左バンカーに入れてしまった。先週よりもドライバーショットは良かった感じだが、課題はもう一度ドライバーの安定性か?

 

from スーツマンのゴルフ競技挑戦