20170722

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります: ゴルフの基礎❸体の回転



コメントも頂きましたが、
視線や顔の向きで 右向きを覚える
右向きの感じを掴むのもとても大切です。

慣れの問題なのですが、
ボールから視線を切り、
顔も右を向けると より楽に右向きが出来るようになります。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

ボールを見ないようにしよう! とまでは言いませんが、
ボールは止まっています。
正しく体を回せば ボールを注視していなくても
空振りすることはありません。

逆に変な体の回し方、
体を捻るように使うと
 止まっているボールを動かしながら打つことになり、
 ボールを良く見なければ当たらない になってしまいます。

体の向き、胸の向きに従い
顔の向きも変えて挙げた方が
スムースに体が回ります。

ボールを注視してしまうと
目とボールの距離を一定に保とうとしまうので
体を十分回す弊害になります。



 右向きをしっかり確保する邪魔になるのが
左腕・左肩の動きです。
「左肩を入れろ」とか、左腕をたくさん横に動かすと
背中の筋膜・筋肉が引っ張られ
かなり早い段階で 無理な姿勢が来ます。
背中に張りがあるのを 『体が回った』と
誤認識
している人は少なくないと思います。
maxresdefault
     この始まり↑では前傾姿勢を放棄することになります。
インパクト時に上に体を蹴る・ジャンプするなんて言う
とてもスイング理論とは思えない無理を必要とするようになります。
ああ おそろしや…


体の回転の 部位としての分岐点/分かれ目は「股関節」です。
体を回すことで 張り というか、きつくなるのは
右向きであれば 右の股関節
左向きであれば 左の股関節
その周囲、お尻なり、太ももがきつくなるもので
背中は何一つ使わないに等しいので
体の回転で 背中がきつくなることは一切ありません。

体が硬いから回らない
という言葉の多くは
背中を捩じろうとしており
逆に言えば、その回し方で十分に回れたら 体は壊れます。
二度と歩けなくなる程 の故障になりますから、
体がこわ張って、それを拒否するのは当然です。


股関節から上の胴体が
一体となって右を向くのが 体の回転です。
股関節から上の胴体が一体となって向きを変えることで
前傾姿勢という仕組みが働くようになります。

✋ダウンスイング以降、体の動かす順序が間違ってしまっても
初期の、体の回転の基本になる「右向き」が
十分とれていれば、それだけでかなりミスも防げます。

右ひじを後方に引くように動き出す~回り出す感じですが、
左腕はそこに残しておくように
左肘も外に張って置くようにすると
背中を使わず回れるようになります。

首から胸~へそ~股間
このラインを捻らずに、直線のまま、
やや下を向けたまま、右を向く感じです。

from ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります